Monday, May 19, 2008

the scene of the athletes practicing (School 2008/5/18)


【参加者】15名
【コース】熊谷スポーツ文化公園ローラースケート場
【時間】10:00~13:00
【ウォーミングアップ】
・体操
・ランニング(5周)
・ストレッチ
【スケーティング】
・ウォーミングアップ 20分
・しゃがんで滑走 
・2周フォーム練習 × 5Set
・5000m × 3Set
・スタート × 8Set
・逆回り(クールダウン)



体操



ランニング 5周






ストレッチ



久々にしゃがんで滑走



お尻がふくらはぎに付くぐらい下げましょう。
ウォーミングアップですが、間接が堅い人には、一番つらい練習になってしまうかもしれません。

スピードは、いかに路面にしっかりと力を伝えるかが大切です。
リンクを柔らかく捉え、滑らさないようにプッシュをするには、柔らかい関節が必要になってきます。
柔軟性のバロメーターにもなると思いますので、毎回、ウォーミングアップのメニューに入れてみては如何ですか?


フォーム練習
腰の位置、正確なプッシュの方向、ブレードに対しての加重位置などを確認し、今日の練習で実践です。


フォーム練習は、毎回行うと良いです。
練習を始める前に、その日の目標を体に覚えさせて練習しましょう。
※少し、体重が後ろになってます。二番目のウィルに体重を掛ける感じが良いと思います。






だいぶ、低い姿勢で練習ができるようになってきました。スピードをだしても、腰が上がらないようにしていきましょう。
100mできたら200m、200mできたら400mと少しずつ、理想の姿勢で滑れる距離を延ばしていくと良いです。






縦に進むのではなく大きく横にトレースをしていきましょう。








良い感じですね。スピードアップするさい、この姿勢ができると、もっと楽にスピードアップができます。


5000m 3セット
セット間の休憩が5分ぐらいなので、ハード練習だったと思います。
皆さん、がんばってました。 








だいぶ、腰の位置がさがってきました。 腰の位置が低くなると、ひざや足首が柔らかく使えるようになり、粘るような感じで路面に無駄なく力を伝えれるようにらります。柔らかくしっかりとプッシュするほうが、力いっぱい蹴るよりはるか路面に力を伝えられるようになります。




腰の位置がバンクしてきてます。良い感じになってきてます。

2 comments:

Anonymous said...

こんにちは、
次回の開催予定は決まっているでしょうか?
決まっていたら教えてください。

Masatoshi Takahagi said...

こんにちは、高萩です。
6月の開催予定ですが、現在、開催場所の検討をしております。
来週、初めには開催について発表ができればと考えております。

ご了承ください。